インターネットバンキングとパスワード管理

インターネットバンキングとパスワード管理

インターネットバンキングをやり始めると、ログインパスワード、振込パスワードや暗号表に加え、質問の回答及びその答えなどを覚えておく必要があり、管理をするのが大変である。

手帳やノートに書いて置く人も多い。しかし、リスクとして盗難や盗み見といった犯罪的なものから自己の過失による紛失などリスクが考えらえる(ハードでのパスワード管理)。

一方、最近はパスワード管理ツールが充実しており、それを使用している人も多いだろう(ソフトでのパスワード管理)。リスクとしては、パスワード管理ツールから情報が流出してしまうケースである。

パスワード管理サービスのLastPassでデータ漏えい

インターネットバンキングは手軽に資金の移動が出来てしまうが、それだけにパスワードの漏えいにより不正送金がされてしまう可能性がある。そのため、パスワード管理は重要であり、同じパスワードの使い回しを避けることが求められる。しかし、金融機関が増えて来ると管理が大変である。

インターネットバンキングでは、一般的にログインパスワードと振込パスワードが異なり、さらに暗号表を必要としていることが多い。ところが、暗号表の打ち込みを求める詐欺メールなどが横行していることから、ワンタイムパスワードが必要とされ、現在ではワンタイムパスワードカードが配布されるようになった。
ワンタイムパスワードがワンタイムパスワードカードとして配布され必要となっているので、パスワードだけでなく各ユーザーの個体が必要となる。そのため、パスワードをハッキングにより盗まれても、ワンタイムパスワードカードがなければ振込等までは至らないため、最近増加している不正送金を防げるというのが配布の目的だ。

(続く)