腕時計:ビジネス向け

2016-01-11

ビジネスシーンで活躍するソーラー電波腕時のお勧め。

ソーラー電波腕時計 シチズン ATTESA(アテッサ)

キーワード:シチズン、ATTESA、ダイレクトフライト・エコ・ドライブ電波時計、10万円以下

AmazonのCITIZEN(シチズン)腕時計ストア

正確かつ電池交換不要な腕時計。完璧と言っても良い。

元々興味を持ったきっかけは、かなり前に(前都知事の)猪瀬直樹氏が雑誌でソーラー電波時計を推薦していた為だ。その時の記事を見て「非常に合理的」な部分に賛同し、セイコー(SEIKO)のソーラー・電波時計を購入した。

セイコー(SEIKO)、シチズン(CITIZEN)、カシオ(CASIO)のソーラー電波腕時計を持っているが、ビジネスに使うという前提では、薄さ・デザイン・機能・価格(10万円以下)のトータル面を考慮すると、シチズンのATTESAのエコ・ドライブ電波時計ダイレクトフライト機能のあるが今のところ一番良いと思う。

1~2万円のゾーンではカシオが良い。驚くほど安く、高機能のものが購入できる。だが、サファイアガラスでなかったりする。高価格帯のOCEANUS(オシアナス)は、もちろんサファイヤガラス・チタンなどであるが、その価格を出すのであれば時計としてのブランド力を考慮し、ビジネスではカシオではなくセイコーかシチズンの方が良いと思う。

例えば、OCEANUS(オシアナス)のOCW-G1100-1AJFは20万円前後もする。仕様はCASIOが総力を挙げて作っておりフルスペックだ。しかし、余りにも高額だ。
AmazonのOCEANUS(オシアナス)腕時計の人気アイテム

そして、セイコーとシチズンの比較では、ソーラーと電波の2点については現段階ではシチズンの方が優れていると考えている。特に10万円前後ではシチズンがかなり優位と考えている。元々自分自身はセイコー派なのだが、機械式時計にこだわりのあったセイコーにこの分野での出遅れ感があると感じる。



機械式時計であれば、国内であればやはりセイコーである。GALANTEなどは海外製品にも十分対抗出来る。価格も定価で40万から160万ぐらいである。このぐらいの価格帯になると、海外ブランドとかなり悩むとは思うが。ちなみにAmazonでは中古を除き取り扱っていないようだ(2016年4月時点)。

シチズンの電波腕時計については、下記の"PRESIDENT Online – プレジデント"の記事が非常に良い記事だと思う。

AmazonにはATTESAのコーナーがある。Amazonでのコメント数を見ると、 AT8040-57Eのが圧倒的に多い(2016年4月時点)。



Posted by これいいね!